グーグルマップで隠された秘密の場所

今やGoogleマップを使えば世界のあらゆる場所を見ることができるようになりました。
しかし、Googleマップには隠された場所が存在しているのはご存知でしょうか?
今回はそんなミステリアスでクレージーな場所を見ていきましょう。
【ジローナ(スペイン)】
ジローナの北東部にあるこの場所は明らかに何かを隠すように黒塗りされています。
この下には優雅な街があり、隠すようなものがないように思いますが、もしかしたらセレブや業界著名人たちが公共の目を離れ、一服するための場所なのかもしれません。
StockSnap_RP13KVIL9M-728x410.jpg

【ヒマラヤ山脈頂上付近】
ヒマラヤ山脈の尾根にあるカンテガ峰は、氷で周囲を覆われており到達が難しいことで知られています。
そんなヒマラヤ山脈の一部分だけが黒塗されている場所があります。
この場所に初めて人が足を踏み入れることができたのは、1964年のことです。
それ以前は、ナチスの秘密基地だったとか、UFO基地を発見したなど様々な憶測を呼んでいる場所です。
e7cf8292fde378a8978cc4a4954a8ed1_content.jpg

【ムルロア環礁】
この島は、大西洋にあるフランスの島です。
島の一部は見えているものの、他の部分は不自然なほどにぼやかされており、その下に何があるのかわかりません。
一説によれば滑走路や基地などの施設があるのだとか、フランスは1996年からこのムルロア環礁の近くで核実験を170回も行っており、それと何か関係しているのかもしれません。
250px-Moruroa_atoll.jpg

【フォルケル航空基地】
この場所は現在三か所あるオランダ空軍の主要基地の内のひとつです。
もしこの場所に核兵器が存在するのであれば、Googleマップで閲覧できないのも頷けます。
なんにしてもこの場所には見られてはいけない、何かがあるのかもしれません。
bf5bf716386258ff1c3c1882b4e5e7e7.jpg

【ミッドランド刑務所】
アイルランド唯一の凶悪犯罪者用の刑務所であるこの場所は、スナイパーとヘリコプターにより厳重に監視されており、囚人が脱走できる確率は限りなくゼロに近いです。
そして、Googleマップでこの地を検索すると刑務所の右側がぼやけて見えなくなっています。
もしかしたら、脱走の協力者に地形を把握されないように地形をぼかしているのかもしれません。

【セヴェルナヤ・ゼムリア諸島】
グーグルアースが撮影した、北極圏にあるセヴェルナヤ・ゼムリア諸島には人が住んでいません。
37000平方キロメートルの大きさで、島の主要は真っ白になっている部分が多く、確認することができません。
この島はヨーロッパ諸島からはっきりと見えるのですが、なぜか20世紀まで地図に載っていない島でした。
12-0918k.jpg

この記事へのコメント