世界が終わりそうになった出来事!!

現在の日本では命を脅かす出来事は減り、当たり前のように明日のある生活を送っています。
しかし、歴史の中で、世界は何度も破滅へと向かおうとしていたのです。
今回は、そんな世界が終わりそうになった出来事を見ていきましょう。

【ボニージャ彗星】
1883年、天文学者のホセ・ボニージャが二日間で447個の物体が上空を行き交う姿を観察しました。
すぐに科学界に発表しましたが、他に目撃者がいなかったため、この出来事はすぐに忘れ去られてしましました。
しかし、2011年、再度この発表に注目が集まり、恐ろしい事実が発覚しました。
なんトボニージャが観測したのは10億トンの巨大な彗星の破片だったのです。
破片が一つでも地球に落ちていた場合、原爆の100倍くらいの被害になります。
そんな恐ろしいものが数百個も地球の500キロメートル上空をかすめていたのです。
映画「君の名は」を彷彿とさせますね。
MIYA151230539810-thumb-autox1600-20715.jpg

【ペストの大流行】
ペスト菌に感染したネズミの血を吸ったミノが人の血を吸い人に感染するペストは14世紀に流行し、世界人口を4億5000万人から3億5000万人まで減少させました。
発病すると、高熱が出て、リンパが大きく腫れさらに肝臓や臓器に菌が繁殖し、死亡します。
そのため、当時ペストから身を守るための不気味なマスクが流行しました。
外国への行き来が多い現代に、この伝染病が発生した場合、壊滅的な被害を受けることが考えられます。

【太陽嵐】
1959年、観測史上最も巨大な太陽嵐が発生しました。
それにより、地磁気の嵐を引き起こし、オーロラが世界中で観測されました。
また、地球の電信機器がショートするなどの影響を及ぼしました。
科学者は通信機器などテクノロジーに依存している現在、同じことが起こったとしたら、
甚大な被害が出ることは間違いないと語っています。

【弾道ミサイル早期警戒システムの故障】
1961年11月24日、アメリカの戦闘指令センターは異常な緊張につつまれていました。
なんとアメリカの航空軍隊が3つのミサイル拠点と通信できなくなってしまったのです。
アメリカはソ連から攻撃を受けたと想定し、合計1700機近い爆撃機を待機させなければなりませんでした。
攻撃開始まであと12分30秒になった時、ただの警報網の故障だという情報が入り、今にも始まりそうだったソ連との核戦争は回避されました。
C845_sonomiwomamoru_TP_V.jpg

【タンボラ山の噴火】
1815年、インドネシアにあるタンボラ火山が噴火し、8万8000人が亡くなりました。
その威力は凄まじく、大爆発音は1750キロメートル先まで聞こえるほどでした。
さらに、500KM離れたマドゥラ島まで火山灰が到達し、三日間もの間、灰に覆われていました。
噴火が起きた年は火山灰に世界中が覆われるため異常な低温となり、農作物も育たず世界的な食料危機に陥りました。
さらにこの状況は翌年まで続き、翌年は一年中、夏が訪れず「夏のない一年」と言われました。
ISHI_kazantouda_TP_V.jpg

【スペイン風邪】
1918年、世界人口の3割にあたる5億人が感染し、一億人が死亡するという史上最悪のインフルエンザが大流行しました。
このインフルエンザに感染した者の多くは、気管支炎を起こし、肺に水が溜まり呼吸困難により亡くなります。
スペイン風邪ウイルスは現代のインフルエンザの30倍も早く増殖する能力を持ち、強い致死性と免疫反応の調節に異常を起こす病原性を持っていることがわかっています。
SAYA160105202992_TP_V.jpg

【ノルウェーロケット事件】
1990年代、ロシアのレーダーにノルウェー沖から急上昇する謎の物体が映りました。
もし、核ミサイルだとすると15分後にモスクワに到達する可能性があるため、エリツィン大統領は8分間という時間制限の中で報復攻撃をするかしないかの決定を迫られました。
幸運なことに大統領が決断をする前にノルウェーのロケットは墜落し、核ミサイルは発射されずに済みました。
墜落したロケットは、北極光の研究をするために打ち上げられた観測ロケットでした。
OOK85_dorageb120150201192306_TP_V.jpg

【クレブシエラ・プランティコラ】
1990年、ある企業の研究室で生ごみを処理する細菌を作り販売しようとしていました。
その細菌は、土壌テストも通過し安全性が信じられていましたが、他の研究者チームに問題を発見されてしまいます。
この細菌は、その地に生えているあらゆる植物を全て1週間で抹殺することがわかっただけでなく、その細菌が地上をどこまでも広がっていき、地球上の総植物を死滅させ、人間を大飢餓に陥れるほどの細菌でした。


この記事へのコメント